覚えておきたい塗装工事の耐用年数について

外壁塗装を行う上で、どれほどの耐用年数があるかを把握しておく事はとても大切になります。塗料の種類によっても短いもので5年間、長いもので20年間と、耐用年数は塗料によって大きく異なるからです。そこで今回は、塗装工事の耐用年数についてご紹介したいと思います。
塗料と耐用年数について
外壁塗装の耐用年数は塗料によって異なります。基本的には10年を目安として考えておけば安心です。なお、外壁塗料は大きく分けて次の4種類が存在します。5年から8年と耐用年数が最も短いアクリル樹脂塗料、次いで8年から10年のウレタン樹脂塗料、10年から15年のシリコン樹脂塗料 、そして最も耐久性に優れたフッ素樹脂塗料です。中でも主流となっているのがシリコン樹脂塗料になります。フッ素樹脂塗料は耐用年数が長く魅力を感じるのですが、コストは最も高く一般家庭ではそれ程使われていないのが現状です。又、塗料の中にもさらに細かな種類が存在するのですが、上記の様に4つの種類を覚えておく事をおすすめします。
塗料の耐用年数は長くて20年
訪問業者の中には、ウチの塗料は30年持つ、などと言われた経験はありませんか。最近では大手の塗料メーカーなど様々な技術革新で色々な種類の塗料が開発されて耐用年数も良くはなっています。しかし30年前後の耐用年数を誇る塗料は存在していないのが現実です。ですので、そういった話を持ち出してきた業者に関しては注意が必要です。
外壁塗装は頻繁に行うものではありません。ましてや費用は高額となるため、最低限の知識は身に付けておく事が大切です。