家の屋根をリフォームすることとなって焦る

投稿者: | 2017年4月19日

急遽、家の屋根をリフォームすることとなって、今非常に焦っています。いや、そうは言いましても、隕石が落ちてきたとかで急に屋根のリフォームの必要が発生したわけではなく、徐々に徐々に屋根がまずいことになっていっていたわけなんです。そのことに気がついたのが最近というだけなものなんですが。

内容を言えば、雨漏りですね。屋根にヒビというか割れ目があって、そこから水が屋根裏へと漏れていて、そして屋根裏をカビさせていたのですよね。けれど家の中にまでは雨漏りがなかったものですから、長らく気がついていなかったのです。天井から水が垂れてきて、ようやく家の屋根をリフォームの必要性に気がついたというものですよ。

「お金を出す側」であるこちらとしては、なんの心構えもできていない状態ですから。その状態にて「雨漏りによるリフォーム」が発生したわけですからね。そりゃあ「急遽」という表現にもなりますよ。しかも場所が「家の屋根」なわけですから見過ごすというわけにはいかないのです。

家の屋根の修理は屋根のひび割れの応急処置とカビてしまった屋根裏の対処とで、まーあ100万円近いお金が飛ぶのかなーという感じですね。なんともショックが大きいです。教訓としては、毎年メンテナンスをしてもらっていればよかったかなーというところです。そうすれば、リフォームも最小限で済んでいたかもしれませんから。