窓のリフォームを考えること

投稿者: | 2017年4月19日

そろそろリフォームが必要かなと思っています。リフォームで人気な場所はリビングです。リフォームを考える中で、失敗しがちなのが窓の性能向上リフォームを忘れてしまうことです。

窓は熱の出入りが一番大きい場所で、リビングや居間は窓が大きいので、その性能が部屋の居心地を大きく左右します。床暖房を付けているのに寒い事、エアコンを付けているのに暑い事、窓ガラスに結露をしてしまうといったようなことが起きるのは、窓の性能が大きく影響していると言えます。

人が集まる場所のリフォームなので、居心地を良くするために、窓の性能向上のリフォームを忘れずに行う事が肝心です。

窓の性能向上の基本は断熱と遮熱で、冬は断熱性能を向上させて、夏は遮熱性能を向上させることで、部屋は快適に過ごす事が出来る様になり、リフォームの方法としては、断熱サッシへの交換やエコガラスへの交換、内窓の取り付けなどが一般的と言えます。

庭にウッドデッキがある場合などは、オーニングなどで日よけを作り、熱を溜め込まないよう工夫をすると良いです。