築20年にしてようやく外壁を塗り直しました

外壁塗装は美観を維持するだけでなく、雨水がクラックなどから侵入し、住宅の躯体を腐食させるのを防ぐメンテの為に重要なリフォームです。
こうした知識はあり、建売で購入して15年程経過した頃から気になっていましたが、20年を経過してようやく外壁塗装を行いました。
気になっていても、信頼できる業者さんをどうして探せば良いかも分からず、日常の生活に追われて延ばし延ばしになっていました。
しかし、外壁を指でなぞると白い粉が着くようになり、これは本当に塗装が必要だと真剣に業者さんを探して塗り替える事を考えました。
業者さんを探すに当たり、築年数が我が家よりも新しい住宅の外壁の傷みが、我が家の外壁よりも激しい状態を見て、新築時に我が家の外壁を噴き付け塗装した業者さんの腕がきっと良かったのだろうと思い至り、その業者さんにお願いしようと考えました。
我が家を建売住宅として販売していた不動産屋さんに聞いて、その業者さんにお願いしました。その塗装業者さんは、自分の仕事をしっかりと覚えておられ、愛着も持っておられました。
なので私が予想した通り、丁寧な作業で本当に満足できる外壁塗装をして下さいました。やはり信頼できる業者さんを見出す事が大切だと痛感しました。